ホーム

スポンサー広告

中国のオオサンショウウオ、実は5種以上と判明 1種と考えられていたが遺伝的には別々

2018年06月04日 00:00


1しじみ ★2018/06/02(土)22:49:32.94 ID: CAP_USER.net

 チュウゴクオオサンショウウオは、体長180センチ、体重64キロにもなる、
世界最大の両生類だ。パンダのようなカリスマ的人気はないが、
健全な生態系を維持するには欠かせない存在だ。

 2018年5月に発表された2つの研究結果によると、
チュウゴクオオサンショウウオはこれまで1種しかいないと考えられてきたが、
実際には少なくとも5種は存在することが明らかとなった。

「こんなに多様性があるとは思っていませんでした。
少なくとも5種、多ければ8種存在するかもしれません。これには衝撃を受けました」。
そう語るのは、カナダにある王立オンタリオ博物館生物多様性・保全生物学センターで
爬虫両生類学の上級学芸員を務めるボブ・マーフィー氏だ。2本の論文のうち1本の著者でもある。

 これらの種は中国の川や湖にそれぞれ個別の生息域をもっているが、
人間はすでにそのうちの数種を絶滅に追いやりつつあるかもしれない。
チュウゴクオオサンショウウオは、国際自然保護連合(IUCN)によって近絶滅種(critically endangered)に指定されており、密猟などがその要因とされている。

「しかし、もっと大きな問題は、これらの種に対する現状の保護策です。考え方を変える必要があります」と、マーフィー氏。

■遺伝的な多様性が乱れる
 チュウゴクオオサンショウウオは野生ではわずかになっているが、実は盛んに養殖され、高級食材として売られている。体重2キロの個体が、市場によっては1500ドルで売られることもあり、スープやシチュー、その他の料理に使われる。(参考記事:「中国でオオサンショウウオは「高級魚」」)

 これまで中国政府は、種の保存を目的として一部の養殖サンショウウオを野生に放すよう業者に要請してきた。こうして、過去10年間で7万2000匹以上が野生に放された。

 しかし、この保護策には欠点があると専門家は指摘する。養殖場で育ったサンショウウオは、遺伝子の検査がされず、病気の有無についても確認されないまま放される。それらが野生にいる別種のサンショウウオと交配すると、遺伝的なかく乱が起きて悪影響を与える恐れがある。(参考記事:「キューバワニ、野生交雑で絶滅の危機」)

「系統が乱れてしまいます。そうすると成長率が低下したり、弱いサンショウウオが生まれたりして、個体群が失われかねません。それら悪条件がすべて重なれば、絶滅のおそれもあるのです」

 今回の発見のきっかけとなった研究は、20年以上前にナショナル ジオグラフィック協会の資金を得て始まった。研究はいったん立ち消えになったが、新しい技術が開発されたおかげで2007年に再開された。以前よりも詳しい遺伝子解析ができる最新ツールによって、チュウゴクオオサンショウウオには少なくとも5種、多ければ8種いるかもしれないことが判明した。(参考記事:「中国でレアなオオサンショウウオ、200歳は言い過ぎ」)

「1992年当時、中国の状況は今とはだいぶ違いました。許可なしには現地へ入ることも困難でした。標本の数も不十分で、遺伝子解析の技術も今と比較するととても原始的なものでした」

■5種がやはり1種になるかも
 マーフィー氏は、このまま検査されていないサンショウウオを野生に放し続ければ、サンショウウオの多様性は少しずつ失われ、あと10〜20年もすれば1種のみになってしまうだろうと懸念する。(参考記事:「わずか100年でどのように新種が誕生したのか」)

「チュウゴクオオサンショウウオほど体の大きな動物は、生態系の中でも大きな役割を果たしています。これらがいなくなってしまえば、どのような影響が出るのかはわかりません」とマーフィー氏。「かわいくはないかもしれませんが、最大級の保護策が必要です」



関連ソース画像動画
Giant Salamander As Big As a Dog | National Geographic


http://www.youtube.com/embed/buzqM1kHS5M?rel=0

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/053100239/




2ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/06/02(土)22:54:18.31 ID: bAIvNMeH.net

1種と考えるほうが不自然
まあ 交雑は起きてるんだろう
広いし 数が多いから 被害も限定的




3ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/06/02(土)23:06:53.19 ID: Y7edi4oU.net

でも中国人に乱獲されて食べられるから絶滅するんでしょ




4ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/06/02(土)23:20:47.62 ID: BA4Dfc7l.net

でも、お高いんでしょう?




5ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/06/02(土)23:22:57.64 ID: SSGSpgHt.net

サンショウウオ類は移動能力が低いから水系ごとにけっこう種分化しちゃってるらしいよ




6ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/06/02(土)23:29:25.60 ID: Wt++wZea.net

あまり、活発に動き回らない動物ですから、各河川,湖に固有種がいるでしょうなぁ。
それを別種と数えるか同種と数えるかは難しいところ。

中国の大河が運河で結ばれたのはいつ頃だったか・・・
その頃より下流域では混血が進んでいると思われる。
上流に行けば固有種が残っている可能性が高いですな。




8ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/06/03(日)00:42:55.89 ID: zlUfXw3J.net

どうせ食べちゃうんだから一緒だろ。




9ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/06/03(日)00:46:50.72 ID: jcOO88Nl.net

まじかよ・・・



亜種レベルじゃないん?














本家の5ちゃんがサーバーダウンしていたようで、しばらく更新できませんでした。

これって日本のオオサンショウウオでも同じようなことがあり得るんですかね。


転載元
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1527947372/
画像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/053100239/ph9.jpg


関連記事

水辺のいきもの コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://ikimonobanashi.blog.fc2.com/tb.php/4286-c0cd0746

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

                  

プロフィール

いきものばなし

Author:いきものばなし
生き物に関する話題をまとめたり、記事書いたりしています。

twitter始めました!
@ikimonobanashi
よろしければフォローお願いします。

管理人が撮った写真を載せている「いきものぱしゃり」という姉妹ブログもございます。よろしければそちらもご覧ください。

相互リンク、相互RSSも大歓迎です! 質問、ご意見等もtwitterのリプライ、DM、ページ下部のメールフォームからお気軽にご連絡ください!

カテゴリ

未分類 (3)
水辺のいきもの (349)
陸上のいきもの (764)
昆虫、クモ類、多足類 (355)
ペット、家畜 (445)
海産哺乳類 (117)
鳥類 (258)
魚類 (324)
ヒト (403)
植物、菌類 (319)
昔の生き物 (201)
寄生虫、微生物、細菌、ウイルス (223)
遺伝子、細胞、生化学 (259)
その他 (251)
雑記 (21)

最新記事

最新コメント

twitter

リンク-アンテナサイト様

リンク-ニュース・まとめサイト様

RSSリンクの表示

アクセスランキング

月別アーカイブ

QRコード

QR

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

気が向いたらポチッとお願いします。↓↓

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。