ホーム

スポンサー広告

窒素固定のために菌と共生してきた植物が過去に何度も関係を解消していたことが明らかに

2018年05月28日 23:32


1しじみ ★2018/05/28(月)19:09:27.15 ID: CAP_USER.net

生物が生きる上でアミノ酸の構成要素の「窒素」は不可欠の物質です。
しかし、植物は窒素を空気中から直接取り込むことはできないため、
空気中の窒素を固定化できる特殊な菌を利用することもあります。
窒素固定のために菌と共生してきた植物の遺伝子情報を調べたところ、
進化の過程で何度も共生関係を解消してきた過去があることが判明しています。

Phylogenomics reveals multiple losses of nitrogen-fixing root nodule symbiosis | Science
http://science.sciencemag.org/content/early/2018/05/23/science.aat1743



Plants repeatedly got rid of their ability to obtain their own nitrogen | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2018/05/plants-repeatedly-got-rid-of-their-ability-to-obtain-their-own-nitrogen/

Plant symbioses -- fragile partnerships -- ScienceDaily
https://www.sciencedaily.com/releases/2018/05/180524141556.htm

他の生物と同様に植物にとってもアミノ酸などの生態に必要な分子を作るために窒素が不可欠です。
空気の約8割を占める窒素ですが、
不活性なため直接体内に取り込むことはできず「固定化」することが必要です。
植物は空気中の窒素を固定化することができないので、
基本的には肥料など水素と結合した形で土壌から窒素を体内に取り込むことになります。

これに対して、一部の菌は空気中の窒素を固定化することができ、
この菌を体内に取り込んで共生する植物がマメ類などでいくつか知られています。
この菌は「根粒菌」と呼ばれ、
その名のとおり「根粒」と呼ばれる植物の根のコブにとどまり植物とともに生活します。
これは、「根粒菌は植物のために窒素を固定化したアンモニアを提供し、
植物は光合成によってエネルギー源を作り出して根粒菌に生命維持のために提供する」という
持ちつ持たれつの関係となっています。

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンを中心とする国際研究グループが、
根粒菌と共生する植物を含む37種類の植物のゲノムを分析しました。
研究者らは根粒菌と共生するのに必須条件とされる
「Nodule Inception(NIN)」と呼ばれる遺伝子に注目したところ、いくつかの異なる系統の変化の中で、
機能が有効化と無効化を繰り返してきたことが分かりました。
驚くべきことに、イチゴ、リンゴ、ブラックベリーの中には過去に菌と共生していたことのある品種も確認されています。

根粒菌と共生する植物は、土壌から窒素を取り込むことが難しい環境の中でも、
菌から安定的に窒素を提供してもらうことで生き残ってきたと考えられていますが、
環境の変化に応じて菌との共生を止めることが頻繁に起こっていた理由について
Maximilian Griesmannさんは「菌との共生のコスト」を挙げています。
研究者によると、根粒菌と共生する植物は菌の生命活動だけでなく
窒素固定のために消費されるエネルギーも提供しなければならず、
この合計エネルギーは非常に高いとのこと。
水やリンなどの利用条件が変わると、菌との共生コストが割に合わなくなり、
共存関係の解消を植物が選択することがあるというわけです。


農作物に窒素を効率的に与えるため化学肥料が用いられていますが、化学肥料の製造工程を含めると、
化学肥料の使用が温室効果ガスの排出を増やしてしまうというデメリットが指摘されています。
この問題を解消するために、生物の体内に窒素固定できる遺伝子を組み込もうという研究が行われていますが、
今回の研究を行った研究者は、
植物が自らの選択によって根粒菌という窒素固定能力を取り除いた過去があるという点には留意すべきだと述べています。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180528-multiple-losses-nitrogen-fixing-root/




3ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/28(月)19:13:02.32 ID: lY/pgVzb.net

もう実家に帰らせていただきます!




4ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/28(月)19:20:59.30 ID: XcpaOwaa.net

方向性の違いか




5ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/28(月)19:23:14.67 ID: 298SF4v7.net

大豆が裏切って窒素固定やめたら、人類半減するな




7ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/28(月)19:29:18.14 ID: ALLMrGi4.net

腐れ縁、焼け木杭w
自然界にもあるんだな




8ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/28(月)19:37:48.93 ID: VMRiW2JI.net

土壌に窒素が不足する環境だと菌を取り込んで利用、
状況が改善すると用済みになったと関係解消。

…擬人化するとちょっと酷いね。




9ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/28(月)20:42:53.39 ID: BV/4EvAu.net

そんな事ばっかしてるとそのうち見限られるぞ




11ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/28(月)21:01:18.31 ID: TtGzNKUH.net

「共生」なんてない
一方的な寄生だ




12ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/28(月)21:27:53.61 ID: FA0ZRimt.net

>>1

じゃあ多細胞生物がミトコンドリアとの共生解消することもあるのかな














自然界でも就職氷河期みたいなのがあったんですね…。


転載元
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1527502167/
画像
https://i.gzn.jp/img/2018/05/28/multiple-losses-nitrogen-fixing-root/00_m.jpg


関連記事

植物、菌類 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://ikimonobanashi.blog.fc2.com/tb.php/4278-33a0c0e9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

                  

プロフィール

いきものばなし

Author:いきものばなし
生き物に関する話題をまとめたり、記事書いたりしています。

twitter始めました!
@ikimonobanashi
よろしければフォローお願いします。

管理人が撮った写真を載せている「いきものぱしゃり」という姉妹ブログもございます。よろしければそちらもご覧ください。

相互リンク、相互RSSも大歓迎です! 質問、ご意見等もtwitterのリプライ、DM、ページ下部のメールフォームからお気軽にご連絡ください!

カテゴリ

未分類 (3)
水辺のいきもの (349)
陸上のいきもの (764)
昆虫、クモ類、多足類 (355)
ペット、家畜 (445)
海産哺乳類 (117)
鳥類 (258)
魚類 (324)
ヒト (403)
植物、菌類 (319)
昔の生き物 (201)
寄生虫、微生物、細菌、ウイルス (223)
遺伝子、細胞、生化学 (259)
その他 (251)
雑記 (21)

最新記事

最新コメント

twitter

リンク-アンテナサイト様

リンク-ニュース・まとめサイト様

RSSリンクの表示

アクセスランキング

月別アーカイブ

QRコード

QR

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

気が向いたらポチッとお願いします。↓↓

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。