ホーム

スポンサー広告

若いホホジロザメの主な死因は漁網 米研究

2018年05月15日 12:09


1しじみ ★2018/05/15(火)03:54:39.69 ID: CAP_USER.net

■漁業による混獲が、若いサメの命を奪う

南カリフォルニアの太平洋では、サメと人間の確執が続いている。

 北米西海岸における調査で、若いホホジロザメが死亡する最大の原因が漁業であるとする論文が、
学術誌「Journal of Applied Ecology」に発表された。

 2002年から2016年にかけて、
米国カリフォルニア州南部とメキシコ西岸の沖合に生息する37匹のサメに衛星通信型タグを取り付けて追跡調査した。
タグからは、それぞれの個体の位置や水温などの情報が送信される。
調査期間中に追跡したサメのうち、「自然死」を遂げたのはわずかに2匹のみ(1匹は捕食、もう1匹は死因不明)。
ほかは漁業が関連する死だった。

■漁獲対象でなくても網の犠牲に

 米ネブラスカ大学リンカーン校の生態学者ジョン・ベンソン氏は、
北東太平洋で若いサメが死ぬ原因を定量的に調べるため、米モントレー湾水族館と共同で調査した。
ベンソン氏は以前から漁業がホホジロザメの主要な死因ではないかと考えていたが、
若いサメの混獲数は調査されたことがなかった。

 「混獲」とは、漁獲対象でない魚を意図せず捕ってしまうこと。たとえば、メカジキ漁を行っていてサメを捕獲してしまった場合、サメは混獲されたことになる。

 混獲で死ぬサメの大半は、刺し網が原因で命を落とす。
刺し網漁は、通りかかった生物を区別なく捕獲してしまうことが多い漁法で、議論の的になっている。
サメはこの網にからまり、逃れることができずに死を迎えるのだ。
カリフォルニア州もメキシコも、サメを意図的に漁獲することを規制しているものの、
ほかの魚を捕ることを目的に刺し網を使うことは禁止されていない。

■混獲と個体数との関係は不明

 若いサメの混獲が実地で調査されたわけだが、
それだけで混獲がホホジロザメ全体の個体数を脅かす最大の要因と結論付けるのは早計だと、ベンソン氏は言う。
というのも、サメの実態を研究するのは難しく、個体数の動態もよくわかっていない。
今回の調査だけで、この地域で漁業がホホジロザメ全体に与える影響のすべてを調べ上げたとまでは言えないのが実状だ。

「それでも、魚の数が減っている最大の原因は漁業であることは明らかです」とベンソン氏は話す。

 近年、南カリフォルニア沖ではホホジロザメの目撃回数が増えている。
厳しい保護政策がとられるようになった結果、少しずつだが個体数が回復している。

 ただ、個体数の増加にともなって混獲が増えているかどうかは不明だとベンソン氏は述べる。
太平洋におけるホホジロザメの個体数の増減傾向を把握するのに、
今回の研究が重要な役割を果たすだろうと、同氏は付け加えた。「謎の解明に向けた第一歩になればと願っています」

■サメの混獲をなくす3つの策

 「ホホジロザメの混獲対策としては、沿岸付近に網を設置させず、
また実際に網が仕掛けられていないかを頻繁にチェックすることが効果的です」と、
論文の共著者クリス・ロウ氏はメール取材で述べた。

 海洋保護団体オセアナの海洋学者マライア・フレイガー氏は「サメの混獲は、解決可能な問題です」と述べる。
そのために、「漁ごとに、混獲したサメだけでなく生物すべての種類と数を記録すること。
科学的根拠に基づいて漁獲量の上限を定めること。
漁具の改良やモニタリングを強化してサメの混獲を意識的に防ぐこと」の三つの対策を提案している。

画像:グアダルーペ島沖を泳ぐホホジロザメ





ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/051100210/




2ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/15(火)04:40:11.97 ID: yJXEjwfI.net

>>1
若いホホジロザメを捕食したのは何?




3ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/15(火)05:07:17.15 ID: frJgzx9P.net

>>2
より大型の同種か、異種のサメだと思う




4ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/15(火)05:18:25.52 ID: 2FTHYSTl.net

頬白鮫の頬の読み、ほおでもほほでもどっちでも良いのか。知らなんだ。




6ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/15(火)08:21:51.55 ID: ydEeAZk+.net

そんなことよりサメの話しようぜ




7ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/15(火)08:32:39.05 ID: 6pKehfrG.net

> 海洋保護団体オセアナの海洋学者マライア・フレイガー氏は「サメの混獲は、解決可能な問題です」と述べる。
>そのために、「漁ごとに、混獲したサメだけでなく生物すべての種類と数を記録すること。
>科学的根拠に基づいて漁獲量の上限を定めること。
>漁具の改良やモニタリングを強化してサメの混獲を意識的に防ぐこと」の三つの対策を提案している。

科学的かも知れないが、現実的でも合理的ではないな
科学者ってこんなんばっかり




9ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/15(火)10:01:09.71 ID: Ufdno2Sc.net

こんな怖い鮫は絶滅してもいいんじゃね




10ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/15(火)10:20:43.35 ID: 0nqajjhS.net

混獲された魚は海に返されずにそのまま殺されちゃうんだ?
それとも網にかかった時点で命をほぼ落としちゃうのかな?




5ニュースソース検討中@自治議論スレ2018/05/15(火)05:38:31.27 ID: KGLMaH8q.net

上手な対策を望みます。














混獲の問題は昔から多いだろうに、なかなか無くなりませんね。


転載元
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1526324079/
画像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/051100210/ph_thumb.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/051100210/01.jpg


関連記事

魚類 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://ikimonobanashi.blog.fc2.com/tb.php/4257-f96faabd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

                  

プロフィール

いきものばなし

Author:いきものばなし
生き物に関する話題をまとめたり、記事書いたりしています。

twitter始めました!
@ikimonobanashi
よろしければフォローお願いします。

管理人が撮った写真を載せている「いきものぱしゃり」という姉妹ブログもございます。よろしければそちらもご覧ください。

相互リンク、相互RSSも大歓迎です! 質問、ご意見等もtwitterのリプライ、DM、ページ下部のメールフォームからお気軽にご連絡ください!

カテゴリ

未分類 (3)
水辺のいきもの (349)
陸上のいきもの (764)
昆虫、クモ類、多足類 (355)
ペット、家畜 (445)
海産哺乳類 (117)
鳥類 (258)
魚類 (324)
ヒト (403)
植物、菌類 (319)
昔の生き物 (201)
寄生虫、微生物、細菌、ウイルス (223)
遺伝子、細胞、生化学 (259)
その他 (251)
雑記 (21)

最新記事

最新コメント

twitter

リンク-アンテナサイト様

リンク-ニュース・まとめサイト様

RSSリンクの表示

アクセスランキング

月別アーカイブ

QRコード

QR

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

気が向いたらポチッとお願いします。↓↓

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。