ホーム

スポンサー広告

鳥の渡り行動、省エネが目的 米研究誌

2018年05月08日 21:52


1ニライカナイφ ★2018/05/08(火)16:00:12.66 ID: CAP_USER9.net

◆鳥の渡り行動、省エネが目的か 研究

一部の鳥は、冬の到来とともに温暖な地域に移動して餌を確保し、その数か月後には、今度は繁殖のために元の生息地に戻る。
こうした渡りを絶え間なく続け、より多くの労力を自らに強いている理由は何だろうか。

7日に発表された研究論文によると、これはエネルギー効率の追求によるものだという。
一見すると逆説的な発見だ。

今回の研究では、渡り鳥が渡り先で採取する餌から獲得できるエネルギーが、渡り先への往復の移動で消費するエネルギーや、渡りをせずに得られるエネルギーを上回ることが明らかにされた。
では、なぜ温暖な地域にだけとどまっていないのか。

米科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション」に発表された論文によると、その理由は他種との間で餌をめぐる争いが過剰に発生するからだという。
鳥は温暖な地域にとどまらずに、寒冷な北半球の生息地に戻る。
そこでは、餌をめぐって他種と争う必要がないのだ。

論文の共同執筆者で、英オックスフォード大学動物学部のマウリス・ソンベイユ氏はAFPの取材に、今回の研究は「鳥がエネルギーの観点から見て最適な状態となるように分布するとする仮説に強力な裏付けを与えている」と語った。
鳥が餌を探し求めて移動することは知られていたが、こうした苦労の多い生活スタイルを選ぶ理由についてはこれまで謎のままだった。

今回の最新研究は、渡り鳥の行動だけでなく、一年中同じ地域で生活する定住性の留鳥の行動についても説明していると、論文の執筆者らは指摘する。
留鳥もまた、得られる餌とより良い環境とを比較検討した結果、渡り鳥とは異なる結論に達したわけだ。
大半の留鳥は、他地域に比べて採餌が容易な熱帯地方に生息している。

■飛ぶか死ぬか

今回の研究では、鳥類全体の約15%に当たる鳥が渡り行動をする一方で、その他の鳥が渡りをしないのはなぜかを調べるために理論モデルを使用した。
研究チームはまず、現実の世界と同様に地域間で気候の違いがあるモデル世界を作成した。
次に、仮想の鳥と、さまざまな地域で得られる餌から獲得できる「エネルギー」の推定量をモデルに追加した。

これらの入力値を与えると、モデル上の鳥は現実世界で生じている鳥の分布に非常によく似た分布を示した。
モデル上の鳥は餌が豊富な熱帯地方で活動を始めたが、競争の拡大によって一部の鳥は遠く離れた場所への移動の開始を余儀なくされた。
「混雑度が次第に増す仮想世界では、鳥は季節的に入手可能なエネルギーを供給するより極端な小地域を徐々に利用し始め、より長距離を移動するケースが多かった」と、研究チームは論文に記している。

またこのモデルにより、地球の動植物がどのようにして現在の分布に至ったかに関する理解がさらに深まると、研究チームは付け加えた。
さらに今回のモデルをめぐっては、他の動物が地球温暖化に応じてどのように移動する可能性があるかなど、今後の動物の動きを予測するのに役立つ可能性もある。

写真:群れで飛ぶ鳥



AFPBB News 2018年5月8日 10:53
http://www.afpbb.com/articles/-/3173759




2名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:04:49.30 ID: ZQBSEmuR0.net

カナダガン凶悪すぎる




3名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:05:19.08 ID: n41/sftQ0.net

渡り中に脱落して死ぬ鳥は何%位いるのだろうか?




31名無しさん@1周年2018/05/08(火)17:35:01.98 ID: UIQ6AVl00.net

>>3
それすごく気になる
絶対に脱落者出るよな
そして脱落=死やろうし




4名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:09:16.71 ID: 0GgvdZCL0.net

ひと声鳴いては 旅から旅へ〜♪




5名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:09:18.31 ID: c61OElYP0.net

寒い地方の出稼ぎみたいなもんか
たまには1箇所に居着いちゃう個体もいるんだろな
東京のホームレスみたいな




7名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:13:15.75 ID: XozHort60.net

シロワタリヅル
クチナガカナダガン
この辺の鳥は目的方向航行する貨物船に乗船している。
殆ど飛んでいないんだよね。




9名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:14:42.83 ID: c61OElYP0.net

>>7
頭いいな!




17名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:27:17.65 ID: fQ5fxJ1R0.net

>>7
ヅルじゃなくてズルしてるんだな




38名無しさん@1周年2018/05/08(火)18:38:22.31 ID: robiMS9m0.net

>>7

渡りに舟というやつか……




14名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:25:12.27 ID: /GsJBtnq0.net

なにをどうやったらこういう進化するのか不思議で仕方ないわ。




19名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:37:46.21 ID: idwgYkAl0.net

>>14
こういうDNAレベルでの記憶みたいなのっていいよね
中学二年生の頃を思い出す




23名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:50:45.53 ID: RB3hJv2o0.net

>>14
たまたま渡って戻ってこれた鳥が居たんだろ。それが留鳥より元気一杯だった。それが何度も繰り返され渡り組が勢力を強めた。
今は逆に渡りを止める鳥もいる。都市化に馴染んで渡りをやめちゃった個体などもいる




15名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:25:32.06 ID: JHY4WP1i0.net

>>1
冬を凌ぐために道東に渡ってきた鳥がよくまとめて凍死してる
北海道でも凍死を出すなら、冬の間シベリアにいたら全滅するわな

だが夏もずっと北海道にいるとゴールデンカムイされて全滅すると




21名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:47:45.65 ID: WzlgbGH30.net

>>15
うちの地方は毎年白鳥が来て越冬して帰っていくんだけど、北海道は寒すぎて越冬出来ないからシベリアから来る途中と帰る途中の中継地になってて
年に2回現れるって結構最近知ったときは目から鱗だった
あと、西日本の人は野生の白鳥見たことなかったりもするんだろうな




30名無しさん@1周年2018/05/08(火)17:29:23.66 ID: OilirDp10.net

>>21伊丹の昆陽池なら白鳥いるよ
通年住み着いている個体も結構いるし




20名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:40:22.50 ID: ZVg2WN8U0.net

大陸が移動して無茶ながい渡りをするようになったとか?




22名無しさん@1周年2018/05/08(火)16:48:03.51 ID: ZQBSEmuR0.net

エアバスやE-3C撃墜する渡り鳥
ハドソン川の奇跡はカナダガンの群がエンジンぶっ壊したから




29名無しさん@1周年2018/05/08(火)17:26:59.26 ID: CoR0ir+o0.net

そんなことよりもヒトが暖かいアフリカからわざわざ寒いヨーロッパとかロシアとかに移住して、そのまま戻って来なかった理由の方が気になる




34名無しさん@1周年2018/05/08(火)18:00:46.49 ID: J8PXtbuS0.net

進化論的に言えば、多様性のおかげで、渡りたいやつもいるし、渡りたくないやつもいる。
そして、それぞれがその種が反映できる程度に餌が取れただけ。
エネルギー効率を追求してるという仮定が正しいなら、みんな同じ動きになるはず。
渡った方がエネルギー効率が良いというのは偶々そうなっただけ。




25名無しさん@1周年2018/05/08(火)17:06:32.88 ID: 9omlfD0r0.net

温暖で餌や水が豊富な場所は裏返せば常に生態系の満員電車ってこと

だからわざわざ不安定だけど空きのできる電車に都合のいいときに移動する














こういうのを見ると、餌となる動植物がどれだけ大事なもので大量にあるものかっていうのもわかりますね。


転載元
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1525762812/
画像
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/f/320x280/img_3f09cbe53aec6fd84ce4f085cb405b83104127.jpg


関連記事

鳥類 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://ikimonobanashi.blog.fc2.com/tb.php/4240-30236775

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

                  

プロフィール

いきものばなし

Author:いきものばなし
生き物に関する話題をまとめたり、記事書いたりしています。

twitter始めました!
@ikimonobanashi
よろしければフォローお願いします。

管理人が撮った写真を載せている「いきものぱしゃり」という姉妹ブログもございます。よろしければそちらもご覧ください。

相互リンク、相互RSSも大歓迎です! 質問、ご意見等もtwitterのリプライ、DM、ページ下部のメールフォームからお気軽にご連絡ください!

カテゴリ

未分類 (3)
水辺のいきもの (349)
陸上のいきもの (764)
昆虫、クモ類、多足類 (355)
ペット、家畜 (445)
海産哺乳類 (117)
鳥類 (258)
魚類 (324)
ヒト (403)
植物、菌類 (319)
昔の生き物 (201)
寄生虫、微生物、細菌、ウイルス (223)
遺伝子、細胞、生化学 (259)
その他 (251)
雑記 (21)

最新記事

最新コメント

twitter

リンク-アンテナサイト様

リンク-ニュース・まとめサイト様

RSSリンクの表示

アクセスランキング

月別アーカイブ

QRコード

QR

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

気が向いたらポチッとお願いします。↓↓

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。