ホーム

スポンサー広告

エサの匂いやフェロモンに応答するキンギョの嗅神経細胞を同定 ~キンギョは食事に4割、恋に1割の細胞を使う~

2018年04月26日 15:56

20161228記事キンギョ

1ガーディス ★2018/04/26(木)11:16:31.62 ID: CAP_USER9.net

視覚機能がよく発達したヒトと異なり、げっ歯類や魚類は嗅覚が著しく発達していることで知られ、匂いを用いてさまざまな情報伝達を行っていることが知られています。特に魚類では、成熟するに伴い体内で作られたホルモンが性フェロモンとして体外に放出され、異性がそれを鼻で感じ取ると成熟や性行動を促進することが以前より知られています。しかしこれまでの研究では、実際に性フェロモンが餌の匂いなどの他の匂いとどのように区別されるのか、わかっていませんでした。


今回、生理学研究所の佐藤幸治特任准教授とミネソタ大学の研究グループは、キンギョの嗅神経細胞*1に着目し、これまでに同定された匂いの全てである餌の匂い、社会性シグナル、性フェロモンのどれに反応するのか測定しました。結果、キンギョの嗅神経細胞全体のうちおよそ6割がこれらの匂いに反応し、特に4割もの細胞が餌の匂いに反応し、1割が性フェロモンに反応することがわかりました。さらにフェロモン感受性の細胞は、ヒトのもつ通常の匂いを感知する細胞に相当することを明らかにしました。


本研究結果は、4月23日に英国科学雑誌Chemical Sensesに掲載されました。


ヒトにとって、視覚から入力される情報は生活をしていく上で重要であり、欠かすことのできない感覚です。しかし、視野の悪い濁った水の中などで生活する魚類にとっては、視覚情報よりも嗅覚からの情報を頼りに生活をしているものが多く、特に餌や繁殖相手を探す際には嗅覚を利用していることで知られています。



この研究の社会的意義

魚類にとって餌のシグナルは摂食を促す重要な物質であるため、これまでにアミノ酸を含んだ疑似餌が製品化されるなどの産業利用が実施されています。今回用いたポリアミンはキンギョでは餌の匂いですが、ゼブラフィッシュでは忌避物質であり、アミノ酸に応答する細胞は反応しません。したがってアミノ酸に対する反応を利用した魚種ごとに異なった餌物質の探索が、新たな人工飼料の開発につながることが期待できます。また性成熟の最終段階ではフェロモンの刺激が重要であり、自然に近い形で安全かつ安定的な完全養殖を実現するために、ゲノム情報からフェロモン受容体の有無を探索することが養殖技術の改良に有効であると期待できます。この他にも外来種問題の深刻な北米では、匂いやフェロモンを用いた魚類の集団制御が国際協力で試みられ、重要な研究課題になっています。

図1 性成熟したメスのキンギョは性ステロイドやプロスタグランジン(PGF)という物質を体外に放出し、それを鼻で感じ取ったオスの性成熟や性行動を促す。
20180426記事きんぎょにおい

全文はこちら
https://research-er.jp/articles/view/70131




2PS4に美少女とパンツを望む名無し2018/04/26(木)11:20:07.14 ID: xcrpA/f20.net

俺は食事に1割、ネットに8割、自慰行為に1割の細胞を使う




3名無しさん@1周年2018/04/26(木)11:28:16.10 ID: 7JeGgMc90.net

追いかけっこ




4名無しさん@1周年2018/04/26(木)11:34:16.61 ID: wx8p+FlM0.net

よくできました。
こんどは、きんぎょのねんれいでしらべてみましょう。




5名無しさん@1周年2018/04/26(木)11:36:10.64 ID: foRhp+Bn0.net

それは恋じゃなく単なる生殖だろう




7名無しさん@1周年2018/04/26(木)11:48:33.04 ID: u6vK01kG0.net

ぼーっと漂ってそうで飯と性欲・エッチな妄想で満たされてるのか




9名無しさん@1周年2018/04/26(木)11:52:40.63 ID: 7t05SIjkO.net

金魚と鯉は人に慣れて寄ってくるから可愛い




12名無しさん@1周年2018/04/26(木)12:39:15.98 ID: VKLX8ucW0.net

残りの5割は何なの?




10名無しさん@1周年2018/04/26(木)11:59:18.22 ID: RdSmtLdk0.net

残り5割はやさしさでできている














人も全ての感覚を総合したらそんなもんじゃないのかな。


転載元
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524708991/
画像
https://research-er.jp/img/article/20180425/20180425183828.jpg


関連記事

魚類 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://ikimonobanashi.blog.fc2.com/tb.php/4206-4f8243ce

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

                  

プロフィール

いきものばなし

Author:いきものばなし
生き物に関する話題をまとめたり、記事書いたりしています。

twitter始めました!
@ikimonobanashi
よろしければフォローお願いします。

管理人が撮った写真を載せている「いきものぱしゃり」という姉妹ブログもございます。よろしければそちらもご覧ください。

相互リンク、相互RSSも大歓迎です! 質問、ご意見等もtwitterのリプライ、DM、ページ下部のメールフォームからお気軽にご連絡ください!

カテゴリ

未分類 (3)
水辺のいきもの (349)
陸上のいきもの (764)
昆虫、クモ類、多足類 (355)
ペット、家畜 (445)
海産哺乳類 (117)
鳥類 (258)
魚類 (324)
ヒト (403)
植物、菌類 (319)
昔の生き物 (201)
寄生虫、微生物、細菌、ウイルス (223)
遺伝子、細胞、生化学 (259)
その他 (251)
雑記 (21)

最新記事

最新コメント

twitter

リンク-アンテナサイト様

リンク-ニュース・まとめサイト様

RSSリンクの表示

アクセスランキング

月別アーカイブ

QRコード

QR

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

気が向いたらポチッとお願いします。↓↓

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。