ホーム

カムチャッカのクマの親子 噴火ショックで冬眠から目覚める!?

2017年03月30日 19:24

20160816記事クマ

1きつねうどん ★2017/03/30(木)12:34:19.72 ID: CAP_USER.net

20170330記事カムチャッカ熊目覚め


 カムチャッカ半島のカンバルニー火山が数世紀ぶりに噴火したニュースは連日お伝えしているとおりだが、周辺では、噴火の衝撃なのか、冬眠中のクマが巣穴から相次いで飛び出すようすが報告された。

 ロシア環境省クロノツキー国家自然保護区は29日、カンバルニー山で爆発的噴火が起きた今月24日以降、クリル湖周辺に生息する複数のヒグマが相次いで巣穴から出てきており、そのうち、2匹の子グマを連れた母グマも確認したと発表した。

 カムチャッカ半島の先端部に位置するクリル湖は、古代の火山噴火でできた直径7キロほどのカルデラ湖で、ロシアで最もクマが多い自然豊かな地域。日本人写真家の星野道夫さんが撮影中にクマに襲われて亡くなったのもこの場所だ。

 野生生物保全地区に指定されているため、日頃から自然保護監視官がパトロールしているが、先週まではまったく姿を表さなかったヒグマたちが、噴火後に急に姿を現すようになったという。

「幼い子グマを連れたふた組の親子と、大人のオスを目撃しました。3日前に同じ場所を訪れた際には、ヒグマの気配すら感じなかったのに…」と話すのは、リヤーナ・ヴァラブスカヤさん。当サイトに登場するカンバルニー火山の写真を撮影しているのもこの方だ。

 火山噴火が冬眠中の野生動物に及ぼす影響について心配するリヤーナさんや地元住民に対して、ロシア科学アカデミーの専門家、アレクサンダー・ニカノロブさんは「ヒグマは通常、3月下旬から4月上旬に冬眠穴から出てきますから、噴火とは関係がないとは思いますが、巣穴の中で火山性地震の揺れは感じているでしょうから、それが目覚ましだったと考えたら面白いですね」と話している。

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19619.html




4Ψ2017/03/30(木)17:18:26.10 ID: OGSx8KBb.net

早起きしても食べ物に熊る。
どうすんだよ?
生活保護申請しないと。
熊母子家庭なんだぞ!
^_^;




3Ψ2017/03/30(木)12:58:40.76 ID: zxZw2hoV.net

登場人物の名前がいかにもタコにもで、何だか勇ましい。














時期的に出てきてもおかしくないということではありますが、寝てて急に暑かったり揺れたりしたらそりゃびっくりしますよね。


転載元
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1490844859/
画像
http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/1/9/6/19619/kuma001.png


関連記事

陸上のいきもの コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://ikimonobanashi.blog.fc2.com/tb.php/2166-324e0881

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

                  

プロフィール

いきものばなし

Author:いきものばなし
生き物に関する話題をまとめたり、記事書いたりしています。

twitter始めました!
@ikimonobanashi
よろしければフォローお願いします。

管理人が撮った写真を載せている「いきものぱしゃり」という姉妹ブログもございます。よろしければそちらもご覧ください。

相互リンク、相互RSSも大歓迎です! 質問、ご意見等もtwitterのリプライ、DM、ページ下部のメールフォームからお気軽にご連絡ください!

twitter

アクセスランキング

QRコード

QR

アクセスカウンター

FC2ブログランキング

気が向いたらポチッとお願いします。↓↓

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: